代表メッセージ

2021-22年度 イノベーションゲートウェイ湘南ロータリークラブ 会長の 加藤 一 と申します。

当クラブ設立の経緯ですが、数年前に相澤パストガバナーより、村岡・深沢地区がこれから大きく変わろうとしている中でこの地域の将来に向けての「まちづくり」について市民レベルで考え、意見を発信できるようなロータリークラブを創りませんか。というお話をいただき、現幹事の久野氏と設立に向けての準備を始め、ロータリークラブ等の活動をしていない事を条件に会員の募集をしました。
その後、2020年12月にふじさわ湘南RCと藤沢東RCをスポンサーとして、村岡・深沢地区を中心とするクラブが設立されました。
設立にあたり、先にも述べましたふじさわ湘南RCの相澤パストガバナー、藤沢東RCの山口様には大変お世話になりました。
ありがとうございました。
コロナ禍での出発になり、設立総会等も開催できていない状況ではありますが、一日も早く皆様に受け入れられるクラブとなるように会員の皆様と共に頑張っていきたいと思います。

最後になりますが藤沢・鎌倉両市にまたがるクラブとなっていますが、村岡地区は藤沢市への合併前は鎌倉郡に所属しており、現在の行政区分を超えて一緒になってこの地域の50年後、100年後を見据えたまちづくりを考えていけるクラブになることを目標としたいと思います。
皆様よろしくお願いいたします。

(会長 加藤 一)